のぼりの生地の種類はどれくらいありますか?

現在、のぼり生地の主流になっているのはポンジーとトロピカルです。

他の生地とあわせて、概略をお話しします。

▽女性でも扱いやすいポンジーが人気。

のぼりの生地にはポンジー、トロピカルのほか、天竺と金巾のあわせて4種類があり、ポンジーがもっとも人気のある生地です。

ポンジーの特徴は薄くて軽いこと。

手軽に扱えるので、女性店員でも片付けができます。

また価格もリーズナブルであるため、この生地を使って、春夏秋冬、それぞれに特徴のあるのぼりを製作して、旬な食材やサービスをアピールしているショップが多くあります。

需要の9割はこの生地です。

▽素材であるポンジーとトロピカルの違い。

ポンジーの素材は平織りのポリエステル100%。

耐候性があり、長期間外に出しておいても色褪せしにくい素材です。

のぼりのサイズは、自由に対応できます。

標準的なサイズでいえば、幅×丈で450×1,500mm、450×1,800mm、600×1,800mmなどとなっており、それより大きなものでは700×2,100mm、900×2,700mmなどのビッグサイズもあります。

トロピカルは織り込まれている糸の太さがポンジーの2倍あり、耐久性という意味ではしっかりしています。

ただし重くて扱いにくい一面があります。

▽のぼりの生地は用途に会わせて選びましょう。

トロピカルは通常では横断幕にも使用されるものです。

のぼりは店頭に設置して、風によるはためき効果を活用するものです。

その点でいえば、もっとも効果が高いのはポンジーです。

トロピカルは丈夫ではありますが、風が吹いてもはためくようなことは少ないです。